アイアンマン(トニー・スターク)の設定やプロフィール! マーベル初心者が知るべき「アイアンマン」の魅力。

みなさんこんにちは。

マーベル作品LOVEのキャラセツ編集部の仁井田リョウです。

今回は、アベンジャーズシリーズの原点にして頂点(個人的に)である「アイアンマン」の設定やプロフィールについて解説していきたいと思う。

アイアンマンの概要

まずはアイアンマンの概要をざっと紹介しよう。

最新鋭のパワードスーツで戦うセレブヒーロー

億万長者の起業家、トニー・スタークが洗練されたアーマーを装着したとき、彼は生きたハイテク・ウェポン、世界最高の戦闘兵器と化す。トニーは超現代的な発明を持って、最先端の戦いにその身を投じ、不可能な音速飛行も可能にし、よりよきものを守り続けた。彼こそがアーマード・アベンジャー。一部機械化した心臓が彼を突き動かす、この全身ヒーローを!彼こそがインビンシブル(無敵の)アイアンマン!

マーベル公式サイト キャラクター紹介ページより

もともとは軍事兵器の開発を行なっていた天才発明家であるトニー・スタークは、自分の作った武器が悪の手に渡っていることを知り、世界を守るヒーローになることを決意する。

アバター
仁井田

実際は、そんな簡単にはいかないんだが……。

ハイテク武器を揃え、考え方も現代風で効率的な物事の考え方は、アナログなキャプテン・アメリカと対立してしまうことがしばしば。

作品ごとに、パワードスーツが進化していくアイアンマンは、メカ好きの男にはたまらないヒーローだ。

アイアンマンのプロフィール

アイアンマンのプロフィールをざっとまとめてみました。

Disney Blu-ray&digital image by https://www.disney.co.jp/studio/marvel/1242.html
  • 身長:185.42cm ※パワードスーツ装着時は195.58cm
  • 体重:86.18kg ※パワードスーツ装着時は192.78kg
  • 能力:パワードスーツによる身体能力強化に加え、飛行、通信、索敵、ミサイルやビームを放つことも可能。

そして、アイアンマンの中の人、「トニー・スターク」はこんな人だ。

  • 本名:アンソニー・エドワード・トニー・スターク
  • 性格:合理的で自信家、女好き
  • 生年月日:1970年5月29日(2019年8月で49歳)
  • 職業:巨大軍需企業「スターク・インダストリーズ」のCEO
  • モデル:ハワード・ヒューズ(実在した実業家)

後々説明するが、トニー・スタークは基本的に「ヒーロー向きな性格」ではない。

人の為に何かをするということはない、非常に利己的な人物だ。

次に、パワードスーツの設定について少し解説していこう。

アークリアクターについて

アイアンマンの動力源は小型のアークリアクターだ。

この技術が完成したこらこそ、アイアンマンが誕生したと言っても過言ではない。

そのパワーについて簡単に説明しよう。

アイアンマンの動力源であるということは言わずもがなだが、「トニー・スタークの心臓近くにあるミサイルの破片が心臓に刺さらないよう、電磁石に電気を送り続ける」という役割が当初はあった。

アークリアクターの発電能力は「毎秒3GJ(ギガジュール)」

1ギガジュールは1ジュールの10億倍。

1ジュールは102.0グラムの物体を1メートル持ち上げる時の仕事量とされている。がっつり文系の仁井田にはよく分からんが、とんでもない数字だってことだけはわかる。

3Gジュールあれば、人生50回分は心臓を動かすことができるそうだが、パワードスーツでは15分間稼働できるだけだそう。

初期はパラジウムから作られ、半永久的にプラズマを発生させることができるというアークリアクター。ところが、プラズマ廃液という廃産物が発生し、トニー・スタークの体を蝕んでいってしまう。

『アイアンマン2』では、プラズマ廃液の侵食によりトニー・スタークは死にかけることになる。

その後、廃液が出ないアークリアクターも登場することになるのだが、アークリアクターについてのもっと詳しい話はまた別の機会に。

アイアンマンとトニーを支えるJ.A.R.V.I.S(ジャービス)

アイアンマンを語る上で欠かせないのがJ.A.R.V.I.S(以下ジャービス)だ。

ジャービスは簡単に言うと、トニー・スタークが開発した「A.I」つまり人工知能だ。

戦闘のアシストに加え、トニー・スタークの生活の世話から、何気ないおしゃべりまで「アイアンマン」にとっても「トニー・スターク」にとっても欠かせない相棒である。

ちなみにジャービスとは「Just a Rather Very Intelligent System」の頭文字を取ったもので、

直訳すると「ただの超賢いシステム」

トニー・スタークの性格が現れているネーミングだ。

原作でのジャービスは?
映画版『アイアンマン』ではパワードスーツの開発と共に作られた人工知能という設定で登場したが、原作(コミックス版)では、スターク家仕える執事「エドウィン・ジャービス」として登場している。
空軍に在籍していた過去を持ち、料理の腕前もプロ級。さらには、トニー・スタークの家庭教師兼遊び相手だったというスーパー執事である。
ちなみに、ジャービスはマーベルドラマ『エージェント・カーター』で、スターク家の執事として登場している。

「エドウィン・ジャービス」について映画版で触れられることはないが、トニー・スタークが名付けた「ジャービス」という名前にはこんな裏設定が隠されているのだ。

こういった裏設定や原作を知ることで、マーベル作品はもっと面白くなる。

そんな優秀な人工知能のジャービスは『アベンジャーズ2』でヴィジョンというヒーローに生まれ変わる。

それまで話だすとまた長くなるので、「ヴィジョン」についてはまた別の記事で。

ジャービスはF.R.I.D.A.Y(フライデー)にバージョンアップ

ジャービスは「ヴィジョン」というスーパーヒーローに生まれ変わった。

そこで『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』より、ジャービスの能力を全て受け継ぎ、バージョンアップも施した「F.R.I.D.A.Y」(フライデー)という人工知能がアイアンマンのサポートにあたることになる。

ジャービスは男の声だったが、フライデーの声は女性。インターネット全体の監視や、敵の弱点分析、政府のデータベースをいとも簡単にハッキングしたりと性能もかなり上がっている。

こんなAIをさらっと作るあたり、トニーの天才っぷりを感じてしまうね。

ちなみにフライデーはパワードスーツの「マーク45」から搭載されている。

どうしてもフライデーと聞くと某週刊誌を想像してしまうが、おそらく「女性秘書」という意味の「Girl Friday」という熟語から名前をとったのではないだろうか。

アイアンマンのスーツについて

アイアンマンのスーツは作品ごとにアップグレードされている。どのような進化がもたらせれているのかというのも、アイアンマンを見るときの楽しみの1つだ。

作品毎に登場するスーツはこんな感じ。

『アイアンマン』 マーク1、2、3
『アイアンマン2』 マーク4、5、6
『アベンジャーズ』 マーク7
『アイアンマン3』 マーク8〜41 ※アイアン・レギオン

マーク42、43、45 ※『アイアンマン3』のメインスーツ

マーク44 ※ハルク用スーツ

『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』 マーク46
『スパイダーマン/ホームカミング』 マーク47
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 マーク50
『アベンジャーズ/エンドゲーム』 マーク85

ざっとまとめただけでもこれだけの量になる。

特に『アイアンマン3』では、潜入専用スーツや建設専用スーツ、飛行に特化したスーツなど、大量にスーツが登場した。

アイアンマンをより良いものにしていきたいというトニーの思いが伺えるね。

これらは「アイアンレギオン(アイアン軍団)」と呼ばれ、遠隔操作やジャービスによる操作が可能になったぞ。

アイアンマンの最終進化系

アイアンマンは、トニー・スタークがいわゆる強化スーツを装着することで、ヒーローとなり戦う。トニーはスーツ無しでは、酒と女が好きな天才発明家おじさんだ。

ところが、『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』でマーク50のスーツが登場し、メカスーツ感が非常に少なくなる。

その名も、「Bleeding Edge Armor(ブリーディングエッジアーマー)」

なんとこのアーマー、高度なナノテクノロジーにより、スーツの形状や武装を大幅に変えることが可能なのだ。

それまでのアーマーに比べ、流線型でスマート。パワードアーマーというよりは、さながら「仮面ライダー」のようだ。

アバター
春川

武装も変えれるの?

アバター
仁井田

もちろん。ナノテクノロジーにより、装着者の望む武器を自動形成できるんだ。劇中では、槍,盾,アームハンマー,ミサイル,低温冷却液・ナノマシン噴射装置,リパルサー・レイ発射強化ユニット,リパルサー電磁エネルギーブレード,リパルサーアームキャノン,レーザービーム砲,加速用ブースター……

アバター
春川

あっ、もういいです。

アバター
仁井田

確かにアーマーの進化は楽しみではあるけど、映画『アイアンマン』で登場する、マーク1〜3の「無骨でメカニック」な雰囲気と、トニー・スタークが試行錯誤しながらアイアンマンを強化していく感じ。好きだぁ。

アーマーについても語り出すと、この記事がとんでもない文量になるのでやめておこう。それはまた別の記事で。

トニー・スタークのモデルとなった人

『アイアンマン』の原作(コミック版)の作者曰く、トニー・スタークにはモデルがいるそうだ。

そのモデルとは、アメリカ人実業家で映画製作者、億万長者の「ハワード・ヒューズ」

お金の学校 image by https://money-academy.jp/howard-hughes/

晩年のハワード・ヒューズは脅迫性障害に陥り、4ヶ月間部屋に引きこもっていたこともあるとか。

『アイアンマン3』でトニーは戦いのせいで不眠症・パニック障害に陥ったり、アーマーへ過度な依存を見受けられるシーンもある。映画版では描かれていないが、トニーはアルコール依存症にもなっているしね。

アバター
結野きき

心なしか、スタークの父親である「ハワード・スターク」に似ている気がする。

「ハワード・ヒューズさん」について詳しく知りたい人は、ウィキペディア大先生で。

→Wikipediaで「ハワード・ヒューズ」について調べる。

アイアンマン(トニー・スターク)のクズっぷり

アイアンマンは、ヒーローでありながらとても人間くさい。はっきり言って『アイアンマン』『アイアンマン2』ではトニー・スタークには正義感のかけらもない。

ただアイアンマンが未完成なヒーローであったことがマーベル映画作品に人々が惹きつけられる理由でもある。

アバター
春川

ま、人気作品の主人公で完璧な人間なんていないよね。

アバター
プロフェッサー荻

「成長」というものには何とも言えぬ魅力があるな。

アバター
仁井田

そんなアイアンマンのクズっぷりを紹介しよう。

  • 自分の作った武器がテロリストの手に渡っていることを知り、自分の会社の経営方針を勝手に変更。
  •  以後、会社のことは完全にほったらかし。引きこもってアイアンマンのスーツ作成に没頭。
  •  社員による不正取引が横行。結果的に会社の武器がテロリストに渡ってしまう。
  •  兵器は作らないと言いつつ、アイアンマンスーツは作っちゃう。
  •  完成したアイアンスーツを世界中に公表。戦いを無くす為に作ったアイアンスーツは結果的に戦争をより高度なものに変えてしまう。
  •  案の定、世界中でアイアンスーツの開発が進む。
  •  そんな中、自己顕示欲の塊のようなイベント「トニー・エキスポ」を開催。
  • その奔放さと正義感の無さからアベンジャーズチーム入りを断られる。

『アイアンマン』では自分の武器で人が死んでいる事にショックを受け、アイアンマンを作成することになるのだが、作ったアイアンマンを公表することでまた人が多く死ぬ事になるとは何とも残念な話だ。

トニーの性格的に「人の為に何かをする」ということは無い。

アイアンマンはヘタレ? ダサい?

「アイアンマン」は最初から完璧なヒーローではない。アイアンマンの精神的な成長が作品の魅力をグッと高めてくれている。

スーパーヒーローの悩み

アイアンマンは正義のスーパーヒーローなどではなく、悩めるスーパーヒーローである。「ヒーロー映画であってもヒーローではない」だからアイアンマンは面白い。

トニー・スタークは「スターク・インダストリーズ」の社長で、大富豪。武器開発で大儲けなスタークは、世間から「死の商人」と揶揄されるほどだ。

『アイアンマン』で、トニーはテロリストに拉致されるが、自分の作った武器が、テロリストの手に渡っていることを知る。

ヒーロー活動といえど、スタークが戦おうとした相手は「元はと言えば自分がまいた種」であり、スタークを動かす原動力となっているのは罪悪感。あくまでも自分の為に戦っているので純粋に人助けをしているわけではないんだ。

アバター
仁井田

その人間ドラマがマーベル作品の面白いところだ。

『アイアンマン2』でも、悩めるヒーローのまま

トニー・スタークのような、自信家で天才で独善的。自惚れの強い「死の商人」がある日突然、スーパーヒーローとして戦いだしたら世間の人はどう思うだろう?

おそらく多くの反感を買うはずだ。

だから『アイアンマン』では会社の経営方針を変え、武器の開発を一切やめてしまう。

ところが、トニー・スタークは自己顕示欲を抑えることができない。

「パラジウム」の副作用により余命が短いと悟ったスタークは、父親のハワードが40年前に開催した一大イベント「スターク・エキスポ」を復活させ、自分の名を後世に残そうとする。

スタークエキスポとは?
トニーの持つ科学技術や発明品を、大々的に発表する博覧会。
いわゆる万博のようなものだが、個人で開催できるあたりトニーの財力と知名度をうかがい知ることができる。

最後にでかい花火を打ち上げようとするあたり、実にトニー・スタークらしい。

『アイアンマン2』でのトニーの関心は「いかに延命するか」「パワードスーツを受け渡せという政府からの要求にどう対応するか」である。

ここにきてもアイアンマンは自分以外の誰かに命をかけるということはしていない。

アバター
春川

トニーの秘書であり、パートナーの「ペッパーポッツ」の為には命かけてたけどね。

アバター
仁井田

ペッパーポッツの事は本当に好きそうだな。

『アベンジャーズ』『アイアンマン3』で真の「アイアンマン」に

『アベンジャーズ』での戦いでようやく見知らぬ誰かの為に命をかけたトニー。ところが、ヒーローにふさわしいほどの強い精神力が備わっておらず、戦いの中で強いトラウマを植え付けられてしまう。

そのトラウマから、トニーはパワードスーツを手放す事ができない「スーツ依存症」になってしまったほどだ。

だが、『アイアンマン3』のラストでは、量産していたパワードスーツを破壊し「私がアイアンマンだ」と宣言する。

アバター
仁井田

ここ熱い。

『アイアンマン』でも同様のセリフがあるのだが、文脈が全く異なるんだ。『アイアンマン』では自己顕示。『アイアンマン3』では、スーパーヒーローとしての自覚。

ヒーローとして必要なのは、強い武器やパワードスーツではなく「強い心」なのだとトニーは言ってたんだね。

『アベンジャーズ』と『アイアンマン3』を通して、スーパーヒーロー「アイアンマン」は完成する。

基本的に、アイアンマンの戦闘面の進化は、トニーの頭脳にかかっている。トレーニングをしなくても強力な武器を搭載すれば、アイアンマンは強化されていくからだ。

だからこそ、パワードスーツの進化と共に、トニー・スタークの心の成長が大切なんだ。トニーの心の強さ。ハートまで「アイアンマン」になったことで、真のスーパーヒーローの姿をみるあたり、皆がマーベル作品に惹かれる理由かもしれない。

アイアンマンの俳優・声優

この記事では、「アイアンマン」の設定やプロフィールをまとめてきたが、アイアンマンを演じる俳優についても少しだけ触れておこう。

アイアンマンの俳優は、皆さんご存じ「ロバート・ダウニー・Jr」

ガジェット通信 image by https://getnews.jp/archives/1817528/gate

映画監督である「ロバート・ダウニー・Sr」の息子で、5歳から父親の作品に子役として出演。

2012年には年間75億円も稼ぎ、最も稼いだ俳優にも選ばれている。

身長は173cmと小柄だが、彼の波乱万丈な人生経験や、偉大な父のもとで小さい頃から世間に晒されながら育った環境が、不完全なトニー・スタークという男にぴったりの俳優だ。

そんなロバートのプチ情報も少しまとめてみた。

アバター
プロフェッサー荻

正直、ヒーロー役をするような人物ではないよな。

6歳でマリファナを覚える

ロバート・ダウニー・Jrは薬物問題で6回も逮捕されており、拘置所から撮影所に通ったという逸話もあるほど。

しかも6歳でマリファナの味を覚えたというから驚きだ。

しかも、マリファナの喫煙を勧めたのは実の父親だとか。ロバート自身「僕はドラッグの力を借りて想像力を高めようとする家族の中で育った」と語っている。

比較的高齢であるにも関わらず、ロバートがアイアンマンに抜擢されたのは、そういう過去のある人物の方が未完成なヒーローである、アイアンマンにぴったりという狙いがあったのかもしれない。

以下、監督のジョン・ファブローの言葉だ。

ロバートの人生は良い時も悪い時も聴衆の目に曝されてきたんだ。だから彼は自分のキャリアよりはるかに厄介な邪魔なものに打ち勝とうと、自分の中でバランスをとらないといけなかったんだよ。それってトニー・スタークそのものなんだよね。マンガに出てくるトラブルを抱えてる高校生とか、彼女ができないようなキャラクターの域をロバートは超えたんだ。

ちなみに、当初はトム・クルーズ主演で映画『アイアンマン』の話が進んでいたとか。

アバター
春川

ロバート・ダウニー・Jr以外のアイアンマンって想像できないな。それほどまでロバート=アイアンマンって世界中にイメージづいてるね。

アバター
仁井田

セクシーで、どこか憎めないロバートがみんな大好きだ。

セリフはアドリブだった

『アイアンマン』では、製作者たちがストーリーとアイアンマンの動きのクオリティに集中しすぎるあまり、台本が完全に仕上がっていなかったそう。

そのため、アドリブのシーンが多くなってしまったそうだが、それがかえって作品に自然さを加え、等身大のアイアンマンらしさを描くことができたらしい。

ものは言いようだが、人間味があって親しみやすいアイアンマンの秘密は、ロバートの人柄と、そんな作成裏話が理由なのかもしれない。

アイアンマンの吹き替え声優は2人いる?

実は、映画版の吹き替え声優と金曜ロードショーなどで放映されるTV版の声優は、権利の関係で違う声優さんが担当している。

映画版のアイアンマンを吹き替えしているのは「藤原啓治さん」

代表作はこんな感じだ。

  • HUNTER×HUNTER:レオリオ
  • クレヨンしんちゃん:野原ひろし
  • はじめの一歩:木村達也

言わずと知れた超有名声優さんだ。私は基本字幕で見るが、DVDを借りた時は吹き替えでも鑑賞する。それはそれで違った面白さがあるからね。

TV版のアイアンマンの吹き替えをしているのは「池田秀一さん」

  • 名探偵コナン:赤井秀一
  • 機動戦士ガンダム:シャア・アズナブル
  • ワンピース:シャンクス
  • るろうに剣心:比古清十郎

などなど。こちらもアイアンマンの吹き替えに相応しいレジェンド俳優だ。

地上波放送で違和感を感じたマーベルファンも多いかと思うが、仁井田は池田さんの声も渋みがあって好きだ。てか、アイアンマンが見れれば良いんだ。

まとめ

今回はアイアンマン、そしてトニー・スタークの設定やプロフィールをまとめてみた。

先日『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開され、最終フェーズに向け物語が大きく進展してた。これからマーベル作品を勉強していく人の為に、大きなネタバレは控えたが、今から見始めても絶対に間に合う。

ていうか、今すぐ見た方がいい。

アバター
仁井田

今なら、アイアンマンはU-NEXTで無料で見れる。俺はアイアンマンとエロ動画だけ見て金がかかる前に退会した。

アバター
結野きき

その情報はいらん。


マーベル作品の中でも『アイアンマン』は最も最初に公開された作品なので、まずはここから入って欲しい。アイアンマンの魅力。そして、そこから広がる個性豊かなヒーロー達の人間ドラマに魅了されるはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする