メルエムとコムギの設定を解説!軍儀に隠された壮絶なメッセージとは。

はい、皆様こんにちは。キメラアント編では毎度大号泣の春川です。

今回は、作中最強との呼び声が高い、「キメラアントの王・メルエム」の設定とコムギとの関係について解説していこうと思う。

登場した時は、自分が気に入ればとりあえず殺しとくっていう、◯朝鮮の総書記みたいな言動だったメルエム。

でも、盲目の少女であるコムギと触れ合って、他の命や存在についてかなり深く考えるようになるんだ。

アバター
春川

性格の振り幅やばすぎるな。

でも、カイトが転生した女の子もそうだけど、キメラアントの成長スピードは人間よりもはるかに早いから、メンタル的な変化も早いのかも。

アバター
蒲田

どっちかって言うと、◯朝鮮の総書記っぽいのはディーゴ総帥(偽物)ね。

ディーゴ総帥

東ゴルドー共和国の国家元首。東ゴルドーは「共和国」とは名ばかりの、独裁国家である。官僚以外の国民はかなり厳しい生活を強いられていた。

本物のディーゴ総帥はすでに東ゴルドーから亡命しており、統治は偽物がやっている。ちなみにディーゴ総帥(偽物)はヅラである。

今回は、そんなメルエムの基本的な設定と、メルエムを変えるきっかけとなった「コムギとの関係」や「軍儀」について解説・考察していくよ!

アバター
メルエム

なんだ貴様、ネカマか?

アバター
蒲田

いえ!断じてそのようなことはございません!

アバター
メルエム

今後、余の前でネカマを禁ずる。

もし、現れたらその時は……。

アバター
春川

……。

メルエムの概要

先述の通り、メルエムは第一級隔離指定種であるキメラアントの王だよ。

キメラアントという種族自体が非常に凶暴な種族なのに加えて、最強の戦闘力を誇るメルエムは圧倒的な強さで描かれているんだ。

キメラアント編の最後で披露するメルエムの「円」を見てみると、念の扱いに関しても恐らく、相当のセンスを持っていることもわかるね。

明らかに範囲が桁違いだね。

「円」とは
自分の周りにオーラを広げることで、範囲の中に入ったものの形や動きを察知することが出来る。細かなオーラのコントロールが必要。
メルエムの場合は、オーラを光子(こうし)に変えて周囲に放つ。
推定範囲は半径1km程。ちなみにノブナガは4m(つーかこれが限界!)。

まともに戦うシーンはネテロ会長のみ。というか、ネテロレベルじゃないと、一方的な虐殺行為になってしまうくらい戦闘力に差があるよ。

最強じいちゃんネテロ会長の念能力、百式観音の強さや秘密とは?
ハンターハンター屈指の強キャラ、ネテロ会長の念能力や設定をまとめました。ネテロが大切にする「心」「祈り」「感謝」に隠された強さの秘密を徹底解説。

念を使えることはわかっているけど、念能力者と呼べるほど念に頼った戦い方はしておらず、基本的には体術で戦うのもメルエムの特徴だね。

アバター
荻P

恐らく体にオーラをまとわせて防御力を上げる「硬」は無意識のうちに使っているだろうな。

それも、ネテロの百式観音を食らっても余裕なくらい作中最強クラスの。

アバター
結野

そして、かなり頭がキレるわ

最終的には「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」の毒によって死んでしまうメルエムだけど、最期にコムギと軍儀を指している場面は、漫画界に残る名シーンだね。

メルエムのプロフィール

メルエムの細かな設定とプロフィールを見てみよう。

  • 名前:メルエム
  • 年齢:討伐時は生後40日程度(推定)
  • 身長:ゴンと同じくらい(155cm〜160cm程)
  • 生年月日:不明
  • 性格:唯我独尊
  • 口癖:「二度言わすな」
  • 念能力:不明
  • 補足:キメラアントの王、母(女王)により「メルエム」と名付けられ、ネテロにその名前を伝えられる

こんな感じかな。

キメラアント編はHUNTER×HUNTERの中でも、約12巻に渡る長作なんだけど、メルエムが生まれてから死ぬまではたったの「40日程度」だったんだ。

アバター
蒲田

なんだか切ないわね……。

アバター
メルエム

貴様はやはりネカマ。

余の前でネカマを晒した上、先程の虚偽の報告。狼藉だ、死ね。

アバター
蒲田

いえ!断じて……。

アバター
メルエム

二度言わすな。

アバター
春川

……。

たった40日という短い命ではあったけど、メルエムが生涯を通して変化させ続けてきた倫理観・生死観にはハッとさせられるものがあるね。

そしてメルエムを語る上で欠かせないのが、コムギの存在だ。

メルエムとコムギの出会い

image by 『HUNTER×HUNTER』 23巻137ページ

ある意味、対極の存在と言ってもいい「メルエムとコムギ」。

この二人の交流はお互いにとってどんな影響を及ぼしてきたのか、そのあたりを後半では詳しく解説していくよ。

キメラアントの王者メルエムの目的は生態系の革命

メルエムはキメラアントの頂点に位置する存在だ。

メルエムが生まれるまでは最強と言われていた、ネフェル=ピトー(王直属護衛軍の一人)すらもぐうの音も出ないくらいの強さ。

アバター

ちなみにこれは殺すつもりで殴ったらしいよ。

どこに地雷があるかは微妙なところだけど、「二度言わすな」が口癖なくらいだから、頭の回転が遅いヤツなんかは何個命があっても足りないだろうね。

漢・イカルゴのプロフィールを紹介!実はめちゃくちゃ強い念能力者かも?
イカルゴはいつも男前!可愛い、かっこいい、優しいの3拍子が揃ったイカルゴをご紹介します。

キメラアント編では、メルエムの討伐にばかり気を取られがちだけど、キメラアント側の目的は「現在生態系のトップにいる人間も食料の一部とした、新しい生態系を生み出す」ことだ。

アバター
荻P

早い話がキメラアントという種族の繁栄だな。

ある意味、生物として当然の営みだが、淘汰されるのが人間として描かれるとなんとも複雑な気持ちになる。

これも、冨樫先生が描きたかった「人間のエゴ」なのだろうか。

新しい生態系を作ろうと目論む途中で、メルエム達は人間の中にも特別力がある(というより味がうまい)存在がいることを知るんだ。いわゆる「レアモノ」だね。

「レアモノ」は殺す以外の使い道がある、と判断したメルエム率いるキメラアント達は、暴力を用いた「選別」を決行し、レアモノ(念能力者)の軍団を作ろうとする。

その「選別」の対象になったのが、先述したディーゴ総帥が統治する東ゴルドー共和国の国民500万人なんだ。

メルエムの死によって、キメラアントの計画は失敗したけれども、孵化しないまま生き残ったキメラアントの数は約5,000体と言われているよ。

キメラアントを回収するハンター協会

image by 『HUNTER×HUNTER』30巻102.103ページ

アバター
春川

しかもこのキメラアント達は、パーム同様に「念能力者のキメラアント」である可能性が高いんだ。

アバター
結野

選抜を生き残った「レアモノ」ってことね。

生き残ったキメラアントの行方は??

メルエムの死後、孵化せずに生き残ったキメラアント(約5,000体)は、ハンター協会の副会長である「パリストン=ヒル」によって保護されている。

パリストンは、このキメラアントの兵隊を【世界中にばらまく or ハンター協会に送り込む】つもりらしい。

どちらもパリストンの快楽主義によるものである。

流石のジン=フリークス(以降、ジン)も、パリストンのこの行為には警告を出した。

ジン=フリークスの念能力や強さは?謎多きジンを徹底解説!
まだまだ謎が多いジン=フリークスを徹底解説!主人公ゴンの父親はどんな性格?念能力や、名前の由来にも注目!

メルエム亡き今、キメラアントは主を失った兵隊になってしまっているんだ。

ネテロとの死闘

メルエムとネテロの戦いは、HUNTER×HUNTERのバトルの中でも屈指の名勝負だよね。

人間代表のネテロキメラアント代表のメルエム

この二人の戦いは、互いの種の存続をかけた頂上決戦といったところだね。

誕生と同時に作中のパワーバランスを破壊したメルエムに対して、規格外の念能力「百式観音」を打ち続けるネテロ。

最強じいちゃんネテロ会長の念能力、百式観音の強さや秘密とは?
ハンターハンター屈指の強キャラ、ネテロ会長の念能力や設定をまとめました。ネテロが大切にする「心」「祈り」「感謝」に隠された強さの秘密を徹底解説。

この頃には、メルエムの人間に対する考え方にもかなりの変化が見られていて、

当初、人間等に家畜以上の感情を持ち得なかったが今は違う

わずかながら生かすに足る人間がいることを知った

『HUNTER×HUNTER』27巻146ページ

こんな言葉を発しているんだ。

アバター
荻P

散々な言われようだな(笑)

多少は人間に寄り添った発言だったとは言えこの言い草。

そんなメルエムに対して一瞬、思案したネテロは、

王よ

お互い大変だな

『HUNTER×HUNTER』27巻158ページ

と一言、呟くんだ。

アバター
春川

お、これは和解のパターンも……?

と思いきや次の瞬間には「百式観音 壱ノ手」を繰り出すネテロ。

明らかに、人間なら悲惨な死に方をするであろうネテロの百式観音だけど、当のメルエムは無傷。

そもそもメルエムの目的は、人間としての完成度が高いネテロと「理不尽な世界」について議論を交わすことだった。

こんなことを言っているメルエムに対して、問答無用で百式観音をぶつけるネテロを見ていると、いよいよ悪の境界線が曖昧になってくるね。

初めはネテロと戦うことを拒んでいたメルエムだけど「ネテロに負けを認めさせれば、メルエムに名前を教える」という条件をのみ、タイマンを張ることにするんだ。

アバター
春川

「王の名前はメルエム」ということを知っているのは、女王(メルエムの母)の臨終に立ち会ったわずかな人(キメラアント)だけ。

……のはずなんだけどその現場にはモラウなどネテロの部下がいた為、ネテロは報告を受け「メルエム」という名前を知っていたんだろうね。

本来は名前を持たない種族だけど、人間との混血で出来上がったキメラアント達は、自分の名前にこだわる特徴を持っている。

メルエムが単純な人間とキメラアントの混血だとは思わないけど、彼自身も「名前を持つ」ことでアイデンティティーを得ようとしていたのかもしれないね。

コムギとの出会い

コムギとの出会いはメルエムにとって文字通り、運命を左右するものだった。

もし、コムギとメルエムが出会わなかったとしたら、メルエムは東ゴルドー共和国での「選抜」を成功させ、人間を征服しまくっていたかもしれない。

メルエムに殺されたディーゴ総帥(偽物)

image by 『HUNTER×HUNTER』22巻89ページ

生物として最強のメルエムと、盲目で軍儀以外は取り柄がないコムギはまさに対極にいる存在と言って良さそうだね。

でも、メルエムはそんなコムギ対して説明ができない感情を抱いていくことになる。

コムギの話を真剣に聞くメルエム

image by 『HUNTER×HUNTER』23巻188ページ

キメラアント編のキーマンの一人であるコムギとメルエムの解説は次で詳しくやっていくよ。

メルエムとコムギ

コムギはメルエムが「命」というものに対して初めて、自分の考えを変化させるきっかけになった少女なんだ。

この二人について詳しく解説していく前に、コムギのプロフィールも紹介していくね。

  • 名前:コムギ
  • 身長:不明(メルエムより小さい)
  • 生年月日:不明
  • 性格:真面目、かなり抜けている
  • 補足:「軍儀」の世界チャンピオン、全盲

こんな感じかな。

彼女はキメラアント編でメルエムとコムギをつなぐキーアイテムとなる「軍儀」の世界チャンピオン。

でも、全盲であることや抜けた性格であることが災いしてか、自分のことを「役立たず」と称しているよ。

アバター
荻P

早い話がドジっ子ってことだな。

アバター
春川

「黙ってろ」って言われたから、呼吸をやめて気絶するって、もし現実世界にいたらかなりやばいよね。

もう、それだけで第一級隔離指定種に認定するね。僕なら。

でも、その実直な性格はメルエムの心を動かした要因の一つであったに違いないね。

軍儀で繋がったメルエムとコムギ

盤上競技の「軍儀」は、メルエムが唯一人間に叶わなかったゲームで、メルエムとコムギをつないだキーアイテムだ。

もともとは「選別」までの暇つぶしのつもりで、盤上競技における人間界のトップを撃破していったメルエム。

囲碁、将棋、チェスなどのトッププロを相手に順調に勝ち星を重ねていったメルエムだけど、コムギが世界チャンピオンの「軍儀」ではコムギの打ち筋に付いて行けず、苦戦を強いられるんだ。

その後、何回も二人で「軍議」を打っていくうちに、お互いの関係にも変化が現れるようになる。

きっかけは「負けたら左腕をもらう」というメルエムに対するコムギの、

左腕ではなくてですね

いつもワダすが賭けているものではだめですか?

命です

『HUNTER×HUNTER』24巻25ページ

という返しじゃないかな。

自分のアイデンティティーである「軍儀」に対する狂気にも近いような覚悟

その覚悟に触れたメルエムは、初めて自分の言動を「くだらぬマネ」と認めた上で、自分の左腕を差し出すんだ。

自分の言動を恥じ入るような発言はもちろん、「これで許せ」という言葉を使ったのもこの時が初めてだ。

アバター
結野

この辺りから、「あれ、メルエムってただの暴君じゃないんだ」って認識に変わったよね。

メルエムが自傷した左腕を治すために、ピトーは宮殿を覆っていた「円」を解いてしまう。

この隙にメルエムの討伐を任務としているハンターチームが宮殿に侵入するんだけど、これがキメラアント達にとっては致命的な痛手となってしまうんだ。

いずれにしても「軍儀」は、メルエムがコムギと出会うきっかけになったキーアイテムだね。

そして「軍儀」は二人の絆を最後まで繋いでいく。

アバター
春川

やばい、思い出すだけで泣けてくる。

結局メルエムは最後までコムギには勝てないんだよな……。

アバター
メルエム

貴様、余を愚弄するか。

アバター
春川

あっ、えっと……えと……。

アバター
蒲田

ニヤリ

覚醒するコムギと変化するメルエムの言動

何度も軍議を重ねていくうちに、メルエムとコムギは互いに切磋琢磨を繰り返して成長していく。

アバター
荻P

メルエムは中盤から軍儀しかしないからな。

特に、コムギは完全にゾーンに入ってしまう。

浮かんでくる手を全て記憶したいから、と一旦休憩を申し出るコムギ。

メルエムもこれを許可するんだけど、コムギの去り際にこんな質問をするんだ。

おい

名は?なんと申す

『HUNTER×HUNTER』24巻158ページ

もちろん、囲碁や将棋の世界チャンピオンの名前なんて興味すら湧かなかっただろうけど、コムギには名前を尋ねる。

この行為はきっと、メルエムにとってコムギが他の人間とは違う存在になったことを意味していると思うんだ。

アバター
結野

「家畜」に名前は聞かないものね……。

そしてコムギは自分の名前を告げた後に、メルエムに名前を尋ねる。

でも、先述の通りメルエムはネテロと戦うまで自分の名前を知らない。

この時に感じた「自分は誰なんだ」という違和感は、コムギとの関係が変化していくにつれて大きな喪失感となってメルエムの心に穴を空けていくんだ。

軍儀とコムギとの出会い、自分の意のままに動く兵隊、名前すら分からない自分自身、その全てがメルエムの「命」に対する考えを深化させていったんだ。

アバター
春川

生まれてすぐに種族の王としての地位が決められて、生後40日足らずで「自分の存在」という生物としてのテーマにまで至ったんだね。

「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」の衝撃でコムギの記憶を失ったメルエム

ネテロとの戦いは、終始メルエム優勢で進む。

数え切れないほど存在する「百式観音」の攻撃パターンを見破って、メルエムはネテロの左腕を切り落とす。

その後、「百式観音」の必殺技である「零の掌(ゼロのて)」を繰り出すネテロだけど、やっぱりメルエムに致命傷を与えることはできなかったんだ。

アバター
結野

もう自分以外の存在を「餌」と認識していた頃のメルエムとは違うわね。

キメラアントの王としての嫌味のない「誇り」を感じるわ。

「百式観音」を破られたネテロは、奥の手として自分の体内に埋め込んでいた「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」を起動させるんだ。

「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」とは

現実世界でいう核兵器のようなもの。爆発と同時に大量の毒をばら撒き、被爆した者の体を破壊する。

被爆した者の体からも「貧者の薔薇」の毒が発されるので、この上なく非人道的な悪魔兵器と呼ばれている。

爆心地にいたメルエムは「貧者の薔薇」の衝撃をモロに受けて、ほぼ死体の状態になってしまう。と言うか、なぜ生きてたのかわからない姿になっている。

王直属護衛軍の「シャウア=プフ」と「モントゥトゥ=ユピー」のエネルギーを体内に取り込むことで体は完璧に復活したメルエムだけど、コムギに関する記憶がなくなってしまったんだ。

それでもコムギへの想いは止まらない

「貧者の薔薇」の影響でコムギの記憶を失ってしまったメルエム。

でも「大切な何かを思い出せない」という嫌な感覚がメルエムの中に残る。

アバター
荻P

それほどまでに、大切な記憶だったんだな。

必死にコムギの存在を隠し「選抜」を実行しようとするプフに反して、運命的とも言える偶然が重なってメルエムはコムギの存在を思い出すことになるんだ。

記憶を取り戻すきっかけは、王の殺気から逃れるためにキメラアントの「ウェルフィン」が言った一言、

これだ。

コムギの名前を聞くことで、コムギにまつわる記憶を全て思い出したメルエムは、「選抜」を中止し、コムギを匿っている「パーム=シベリア」の元へと向かう。

アバター
蒲田

しかし最期の一言が「コムギ」っていうのは、出来過ぎよね。

アバター
春川

ウェルフィンが必死に生き延びようとして出た一言だからなぁ。

ウェルフィンは、この段階でプフがコムギに関する嘘をついていることを知ってるしね。

アバター
荻P

そうだな。

キルアとイカルゴが友達になったこと、「殺し」をしないイカルゴとウェルフィンが闘ったこと、ひねくれ者のウェルフィンがメッセンジャーとしての役目を全うしたこと。

本当にたくさんの偶然が運命的に重なって、メルエムはコムギの記憶を取り戻したんだな。

ウェルフィンとジャイロの関係は!?キメラアント編を終わりに導く伏線、ウェルフィンの設定を解説
ウェルフィンという名前に隠された、キメラアント編を終わりに導く伏線とジャイロとの関係を解説!

メルエムとコムギの最期

パームの念に触れることで、自分が「貧者の薔薇」の毒に侵されており、あと数時間の命であることを知ったメルエムは、最期の時間をコムギとの軍儀についやすんだ。

以前は伝えられなかった自分の名前を伝え、対等の命としてコムギに向き合うメルエム。

最期になって、命を慈しむという感情を覚えたのかもしれないね。

しかし、軍儀の途中で死路と判明している「弧弧狸固(ココリコ)」の陣形をとったコムギには、

貴様 負けたらやはり死ね……!!

『HUNTER×HUNTER』30巻136ページ

と苛立ちを見せる。

アバター
荻P

ちなみに「孤孤狸固」の生みの親はコムギ。

さらにいうと、「孤弧狸固」を潰す返しを生み出し「死路」としたのもコムギだ。

「死路」とは

将棋やチェスなどにおいて、返し手が決まっている指し手のこと。

ちなみに「弧弧狸固」の返し手は「9−2−1中将新(チュウジョウアラタ)」だ。

定石どおりの「中将新」で返したメルエムは、コムギに対して、

この先

見せてみよ……!!

『HUNTER×HUNTER』30巻137ページ

とプレッシャーをかける。

もうすでに「死路」となっている弧弧狸固への返し、「中将新」に対してコムギはノータイムで「4−6−2忍」を指す。

今までの定石にはなかった「新手(あらて)」を使うことで「孤孤狸固」が死路ではないことを証明するんだ。

アバター
蒲田

「新手」ってことは、軍儀の歴史の中でも、まだ発見されていない新しい手ってことね!

覚醒した時に思いついていたのね。

ノータイムで打ってくるって、絶対に軍議の指し手を忘れないコムギらしいわ。

アバター
春川

ちなみに「弧弧狸固」は軍儀における王の役割を果たす「帥(すい)」を孤立させる指し手なんだ。

「帥」=「王」の孤立だから、護衛軍と分断され、八方塞がりになったメルエムの現状とリンクするね。

しかし、メルエムも負けてはいない。

少しだけ、間をおいてコムギの新手を潰す「逆新手(2−6−1騎馬)」を繰り出す。

「帥(王)」を孤立させる弧弧狸固を使うコムギを追い詰めるメルエムの姿は、まるで孤立した「帥」と自分を重ね合わせて、自問を続けているようにも見える。

ただでさえ新手の返しをされたのに、それをまた新手で返すメルエムのセンスにも驚きだね。

でも、ここで終わらないのがコムギだ。

自分の生み出し、殺した「孤孤狸固」をもう一度復活させる「逆新手返し」を繰り出す。

アバター

一人ぼっちのメルエムのように帥を孤立させる「弧弧狸固」だけど、この手は死路じゃないってことを、コムギは証明したんだ。

ここには、「たとえメルエムのように孤独で絶望的な状況になっていたとしても、必ずどこかに活路は存在している」っていうメッセージが隠されていると僕は思う。

メルエムの最期

「貧者の薔薇」の毒に侵されて動けなくなったメルエムは、最期の最期までコムギと一緒の時間を過ごすんだ。

もう目が見えなくなって、話も途切れ途切れ。

このシーンを見て大号泣した読者は春川だけではないんじゃないかな。

大好きな軍儀とコムギに看取られ40日という短くも激動の人生に幕を閉じた、キメラアントの絶対王者・メルエム。

先ほど紹介した「自分は何者か」、という問いへのメルエムの答えは描かれていない。

でも「コムギが大好きな自分」というアイデンティティーを得ることはできたんじゃないだろうか。

どんな強者であっても、最愛の人に看取られながら、眠る様に死ぬことが何よりも幸せなのかもしれないね。

コムギの最期

メルエムの死を看取ったコムギは、

ワダすもすぐ

いきますから…

『HUNTER×HUNTER』30巻160.161ページ

と呟く。

この後、実際にコムギが事切れるシーンは描写されていないんだけど、恐らくはメルエムの隣で生涯を閉じたんじゃないかな。

メルエムの心を開き、生物としての考えを深めるきっかけを作ったコムギ。

どうか安らかな最期であってほしいね。

まとめ

今回は『HUNTER×HUNTER』のキメラアント編に登場するメルエムとコムギに関する解説をしてきたけど、どうだったかな?

ここまで読んでくださった読者さんはもちろん理解しているとは思うけど、キメラアント編は、単なる侵略戦争を描いたシリーズではないんだ。

それぞれの正義や生死感がぶつかり合うキメラアント編を読んで、是非みんなにも自分の考えを持ってみてほしいな。

たった40日しかない人生を全力で生き抜いたメルエムに、怒られないような生き方をしていきたいもんだね。