フィンクス=マグカブの念能力は最弱? 念能力・性格・果ては服装までも徹底解説!!

やあ諸君、いかがお過ごしだろうか。

私だ。荻だ。

諸君は富樫義博氏による少年漫画作品『HUNTER×HUNTER』に登場する「フィンクス」という男を知っているだろうか。

彼は史上最凶と悪名高い盗賊団「幻影旅団」の一員である。

風貌は金髪オールバックに眉無しで、いつもジャージを着用しており、ドン・○ホーテなどではフィンクスのコスプレをしているHUNTER×HUNTERファンを頻繁に見かける程の人気キャラクターだ。

アバター
蒲田

あ、いや多分…それ、違うわよ……。

アバター

馬鹿なではなぜスポーツをするわけでもないのに公共の場にそんな格好で来るというのだ。フィンクスが好きだからに決まっておろう。

アバター
蒲田

あ、はい…。

それでは「フィンクス=マグカブ」の紹介に移るとしよう。

フィンクスの概要

幻影旅団の初期メンバーの一人であるフィンクスは強化系の能力者で、旅団内の腕相撲ランキングは「ウボォーギン」に次ぐ二位。体格では同じ団員の「フランクリン=ボルドー」や元団員の「ヒソカ=モロウ」に劣るが腕力は上という凝縮系マッチョ。

念を用いずとも優れた体術で主人公「ゴン=フリークス」や「キルア=ゾルディック」を圧倒し、マフィアの戦闘員達はボキボキと首を折って殺害した。

ゴンとキルアの記事はこちら。

短気で豪放な性格で細かいことをあまり気にしないが、感情に流されるようなタイプではなく冷静に大局を見ることができる。基本的に正論を唱えることが多く、旅団の掟やルールもしっかり守る意外と真面目なタイプ

そのせいか非情に見える部分もあるが、本当はとても団員思いなツンデレ要素も持ち合わせている。

幻影旅団のメンバーをまとめた記事はこちら。

フィンクスのプロフィール

まずはフィンクスのプロフィールから見ていこう。

  • 名前:フィンクス=マグカブ
  • 年齢:不明
  • 身長:185cm
  • 体重:85kg
  • 血液型:AB型
  • 出身地:流星街
  • 念能力:廻天(リッパー・サイクロトロン)
  • 念系統:強化系
  • 団員No.:5
  • 性格:短気で豪放
  • 補足:旅団初期メンバー、イメージにそぐわずルールを遵守する
アバター

見たまんまの強化系だな。後述するが、能力も良く言えば簡潔で分かりやすいしな。

アバター
結野

悪く言うと?

アバター

…。

アバター
春川

馬鹿っぽい。

アバター
フィンクス

お前ら…。覚悟はできてるな?

アバター
蒲田

ヒンッ!

幻影旅団でのフィンクスの立ち位置

旅団内では「フェイタン・ポートオ」と並ぶ過激派で、すぐに「殺した人数を競おう」などと物騒なことを言い出す。

「フェイタン・ポートオ」

旅団No.2。語尾に「ね」がついたり「っ」を発音しなかったりなどのエセ中国人のような特徴的な喋り方をする。拷問大好き。

フェイタンのまとめ記事はこちら↓↓

感情論よりも理性的な考え方をすることが多いが短気で言葉遣いも悪いため、理性的な考えを感情的に伝えてしまうことが多々あり、説得や交渉には全く向いていない。

アバター
蒲田

感情的に正論をぶつけるなんて、女子が一番嫌がることよ!

アバター

彼には春川のような冷静さが必要だな。

アバター
春川

まあ、蒲田は女子じゃないけどね。

アバター
蒲田

ムキーッ!!

アバター
結野

冷静に言われても嫌なものは嫌ね…。

幻影旅団の団長である「クロロ・ルシルフル」が、ゴン一行の「クルタ族」の生き残り「クラピカ」に捕らえられた際に、フィンクスは強気の交渉に出ようとした。結果あっさりと電話を切られ、危うく交渉が破断になりかけたと団員たちに咎められることとなった。

また、クラピカの能力によりクロロとの別行動を余儀なくされたときには、「ただ待つ身はつれーな」などと片思いの乙女のような発言をフェイタンたちにイジられたりと、旅団内のツッコまれキャラとしての道を歩み始めている。

フィンクスとフェイタンはズッ友

団員以外には容赦のかけらもない幻影旅団のメンバーだが、仲間意識が強く団員間では心を許し合っている。

なにかと二人一組で行動することが多く、特にその組み合わせに決まりはなく状況に応じて組み分けているようだが、なぜかフィンクスとフェイタンだけはずっと一緒に行動している。お互い過激派で考えも一致することが多いようで、二人はとっても仲良しである

旅団初登場となる「ヨークシンシティ編」では二人で一緒にマフィアを殺害しながら暴れまわっていた。

団長であるクロロがクラピカに捕らえられた際にも、二人は「クロロを救出しない」で意見が揃っていた。

旅団のメンバーは全員がクロロのことが大好きであり、無論二人も例に漏れずクロロに心酔しているが、クロロの意志でもある旅団の存続を優先するための判断であった。

一連の騒動が終わってからは二人で仲良くオークションに参加していた。

アバター
蒲田

スンスン…この二人、なにかアヤシイわね。

アバター

やめなさい。

二人っきりで参加したオークションで「グリードアイランド」という念能力者しかプレイすることのできないゲームソフトを強奪し団員たちでプレイしたときも、はじめは二人で行動しており、「どっちが多くプレイヤー殺すか競争な」と仲良く遊びはじめる

ちなみにゲームとは謳っているが現実世界にある一つの島が舞台となっており、プレイヤーも勿論生身の人間である。

グリードアイランドに関する記事はこちら。

「キメラアント編」でも二人きりではないが当然一緒

多数の団員の出身地でもある「流星街」に現れた「キメラアント」を討伐しに出向く。討伐後にクロロに向けた「ただ待つ身はつれーな」発言でフェイタンから「乙女ちくね」とイジられる。

「流星街」とは?
この世の何を捨てても許される場所。詳しい場所は不明。
捨て子や犯罪者、住居を失った民族など1000万人の人が暮らしている。
政治的空白地域で公式には無人とされており、流星街で生まれた人間は社会的な情報を一切持っていないため、存在しない人々とされている。
「キメラアント」とは?

第一級隔離指定種に認定されている非常に獰猛な生物。
女王蟻は他の生物を捕食する接食交配により、次世代蟻に捕食した生物の特徴を反映させる。
気に入った餌はその種が絶滅するまで食いつくすとされており、今回そのターゲットになったのが人間であった。

また、現在進行中の「王位継承戦編」でもやっぱり一緒

収容人数20万人の大型船「ブラック・ホエール号」内で、絶賛敵対中のヒソカを狩るために一緒に行動している。

いや、仲良過ぎ。

アバター
結野

やってることはともかく、何だか微笑ましいわね。

アバター

あぁ、仲間ってのは良いものだな。俺たちもそうありたいものだ。なぁみんな!  

アバター
春川・蒲田・結野

えっ

アバター

え?

優等生フィンクス

フィンクスはその見た目や言動からクラスの問題児っぽく見えてしまうが、実はどちらかというと委員長タイプ。旅団のルールや掟は遵守するし、そしてそれに則って思考し発言する。

クラスに一人はいる、自習中にみんなが騒いでいると「おいみんな、静かにしよーぜ! 」と言ってくるちょっとウザいタイプである。常識的に考えると〜とか、でもルールが〜とか言ってくる。

かく言う私もそのタイプだったため分かるが、決してみんなと敵対したい訳ではないのである。むしろみんなと一緒にワイワイしたいのだが、なかなか素直になれずこじらせてしまう。しかも自分は間違っていないという自負があるからなおさらだ。

そして、フィンクスは委員長よろしくお勉強も得意なようで、念についての知識が豊富である。

具現化系と放出系の空間移動能力に共通する制約を知っていたり、フェイタンとキメラアントの戦闘シーンでは念での攻防の解説などもしていた。また「死後強まる念」についてゴンとキルア、そして我々読者に解説してくれたのもフィンクスであった。

「死後強まる念」とは?

術者が強い執着や恨みを持ったまま死ぬと、その念は憎悪や執着の対象へと自ずと向かい、より強力な念となり死後残り続け、また既に念を込めたものがあればその能力は強大化する。

実はとっても仲間思い

フィンクスはルールや効率を重視する性格のためそう見えづらいが、実は仲間に対しては非情に情が深い

出身地でもある流星街にキメラアント討伐に向かった際、キメラアント化してしまった流星街の住人たちは二度と元の姿に戻れぬことに絶望し、団員たちに「殺してくれ」と懇願する。

そんな彼らに対しフィンクスは、

「腐っても流星街の住人だろうが!! 最後まで根性見せやがれ!!! 」

と一喝した。

与えられる死ではなく、行き着く死。フィンクスは住人たちに戦って死ぬことで人生を全うさせようとしたのではないだろうか。

フィンクスにはこういった熱い一面もある

また、別行動をしているクロロからの連絡を心待ちにする「乙女ちく」な面や、キメラアントとの戦闘で服を損傷してしまった女性の団員「シズク=ムラサキ」に上着を着せてあげたりと紳士的な面も持ち合わせている。

またヨークシンシティで命を落とした旅団員「パクノダ」とはクロロの救出を巡り意見が対立していたが、パクノダが死の間際に放った念能力により彼女の記憶や考えを受け取り、「すべて分かった」とつぶやき、記憶を受け取らなかった他の団員への説明役を自ら買って出た。

パクノダのクロロや幻影旅団に対する深い情に感化されたのだろう

その後オークション会場でたまたま出くわしたゴンとキルアに、旅団がゴン一行から手を引くことをわざわざ伝え、そしてパクノダが二人に感謝していたことをゴンとキルアに伝えた。

パクノダの記憶を通して二人を見たフィンクスは、クラピカに対する二人の情が、仲間意識の強い自分たち、そして命を落としたパクノダと重なって見えたのかもしれない。

アバター

だいぶセンチになっていたようだな。いつも掟やルールを優先していたフィンクスにとって、自分の考えを見つめ直すきっかけになったのかもしれんな。

アバター
蒲田

それにしてもゴンとキルアは結構旅団と関わり合いになるわね。二回も捕まったおかげでメンバー全員と面識もあるし。

アバター
春川

今後ゴンたちと幻影旅団の共闘、なんてこともあるかもね。

アバター
結野

もしそうなったら、いったいクラピカはどうするのでしょうね…。

フィンクスの念能力

さて、お待ちかねの簡潔で分かりやすいフィンクスの念能力について紹介していこう。

廻天(リッパー・サイクロトロン)

フィンクスの念能力は「廻天(リッパー・サイクロトロン)」という能力で、腕をぐるぐると回した回数に応じてパンチ力が上がる能力だ。

以上

アバター
春川・蒲田・結野

以上!?

アバター

以上だ。

まあ判明していない能力が他にあるかもしれないが、こうなんとも…

アバター
フィンクス

(ギロッ)

アバター

シンプルで強力な能力だな。

ただその破壊力は並外れていて、キメラアントを一撃でバラバラに粉砕していた。現状この攻撃を受け止められるキャラは存在しないだろう。

なお、回した数でどのくらい強化されるかは本人もいまいち分かっていない模様。

「廻天」は弱い?

シンプルで強力な能力である「廻天」だが、一部では「最弱では?」とも言われている。

  • 発動までに長い溜めを要し、出せる技はただのパンチ。
  • 威力から見るに相当のオーラ量を消費するはずだが、本人が加減を分かっておらず余分なオーラを込めてしまうため非効率的。
  • 自分のオーラが何回転で尽きてしまうのかが分からないのも致命的。
  • 戦闘中に何度も腕を回さなければならないなんてどう考えても隙が大きすぎる。

といった意見だ。

しかし、私としてはとても弱い能力には思えない。敵が距離をとって戦うタイプでは厳しいが、至近距離で戦うタイプであればむしろ相当恐ろしい能力ではないだろうか。

フィンクスが腕を回し始めた時、敵はそれを止めるために彼に接近してくるはずだ。

向かってくる敵をどっしりと待ち構え、そこにカウンターを合わせるというのはフィンクスの体術や実力をもってすればそう難しいことではないだろう。

さらに、彼は旅団内の腕相撲ランキング二位で強化系の念能力者。ただの攻撃がすでに相当の威力であり、腕が一回りでもすればさらに威力が上がる。しかし、それを恐れて尻込みすれば「廻天」の威力は上がっていき、触れれば一瞬で体が吹き飛ぶ攻撃の前に身をさらさねばならなくなる。

つまり、相手に早く止めねばならないというプレッシャーを与え、焦って突っ込んで来ればそこにカウンターを合わせるという強制接近トラップとして活用できるのだ。

そもそもあんなとんでもない破壊力の能力が最弱なわけがない。

さて、

アバター

フィンクスさん、こんなもんでどうでしょう。 (ゲス顔)

廻天(リッパー・サイクロトロン)というネーミング

私はこの能力の名称を初めて見た時から「リッパー・サイクロン」だとずっと思っていた。腕を回すのとサイクロン(竜巻)をかけているのかなと。

しかしよく見ると「サイクロン」ではなく「サイクロトロン」と表記されている。

アバター
蒲田

サイクロトロンてなんなの?

アバター

サイクロトロンとは加速器の1種で、大型磁極間で円運動する荷電粒子に一定周波数の高周波電場を加えて周期的に繰返し加速する装置のことで、磁場に垂直な面内の円運動の半径 r と周期 T は粒子の運動量 mv ,電荷 Q,質量 m ,磁束密度 B を用い,rmv/QB ,T=2πm/QB で表わさ…

アバター
春川

簡潔に。

アバター

…ふむ。

真空にした加速箱の中に二つの半円形の中空電極を…

アバター
結野

もっと。

アバター

はい。磁場のある円の中で電気がぐるぐる回ってどんどん速くなるっていう装置です。

アバター
蒲田

なるほど! 回した回数に応じて強くなる能力とかけているのね

フィンクスの能力が「リッパー・サイクロン」だと勘違いしていた者は是非「サイクロトロン」を調べてみてくれ。文系諸君は私と同じく頭が割れそうな苦しみを味わうがいい。

フィンクスの服装

フィンクスの服装といえばジャージのイメージが強いが、諸君はもう一つのフィンクスの服装を覚えているだろうか。

それがこちら。

「フィンクス」という名前から連想される通りのエジプト感満載の服装だ。

アバター
結野

そういえばこんな格好してたわね。

アバター
蒲田

なんでいつもジャージなのかしら?

ここからは少しフィンクスの服装について見ていこう。

フィンクスの帽子

まずその特徴的な帽子(?)だが、着用していたのは初登場時と、キメラアント編で流星街に着いて少しの間だ。初登場時はいつの間にかジャージ姿になっていたが、キメラアント編では帽子はとっても服はそのまま着用していた。どちらの場面にも共通しているのは移動中もしくは目的地に着いてすぐ、ということだ。

そのことから考えると、フィンクスのエジプト風衣装は、所謂よそ行きの服装ではないだろうか。ビジネスマンでいうスーツのような正装であり、帽子はネクタイやジャケットなどの扱いで、正装時には着用必須だができればとりたい邪魔なもの、といったところだろう。

アバター
春川

道中は制服着用ルールね。学生のときあったな。

アバター

こんなところにも優等生タイプが発揮されているのかもしれんな。

壊滅的センス

この話は旧アニメ時のドラマCDでのことで、公式設定ではないのだが、フィンクスが服装を変えた理由について言及されているのでご紹介しよう。

ヨークシンでは9月でも残暑が厳しく、フィンクスの格好は見ているだけでも暑苦しいと、女性団員のマチ、シズク、パクノダから苦情を受ける。

「だいたいその変な被り物は何?」「暑苦しいのでとってください」というマチやシズクに対してフィンクスは「これはオレのポリシーだ」と返すも、ヒソカも加えた4人でのフィンクスのファッション考案会が開催される。

あれこれ着てみた結果、結局着替えの合間に着ていたジャージに落ち着いた

という話である。

たしかにとてもおしゃれとは言い難い帽子である。そして結局ジャージに収まるというところからも、フィンクスのセンスがいかに破たn実用性重視かが分かる。

クロロのイジメ説

これはまた新たな考察になるが、面白い意見だったのでご紹介しよう。

流星街には自らの素性すら分からぬ人間で溢れており、そんな流星街出身の団員たちに、クロロがアイデンティティを授けたのではないだろうかというものだ。

つまり、フィンクスがエジプト風衣装を着ているのはクロロの指示という説だ。

フィンクス自身は気に入っていないため普段はジャージを着用しているが、真面目なので移動中は身につけている。

嫌がるフィンクスにクロロが無理やり着させているということになるが、クロロの団員への愛と、フィンクスのクロロへの愛が感じられる良い考察だなと感じた。

アバター

フィンクスの服装について本編で言及される日が来ることを願うばかりだ。

フィンクスの評判

https://twitter.com/mog_bxo/status/1121388500383752192?s=19

https://twitter.com/nonstop_HxH/status/1135203998082854912?s=19

アバター

褒められてますよ! フィンクスさん! (念能力と服装についてはアレだが)

アバター
フィンクス

…照///

アバター
春川・蒲田・結野

(ちょろ)

まとめ

フィンクスについての様々なことをお話ししてきたが、諸君にもフィンクスの魅力が伝わっただろうか。

幻影旅団は現在、旅団員を殺し回っているヒソカ探しに躍起になっている。仲間想いのフィンクスはその筆頭だ

今後ヒソカと、そして因縁の相手であるクラピカとどのようにかち合うのか。

願わくば全員生存ルートをたどってほしいが、悲しいかな、そうならないことは明白であろう

見たいようで見たくない、『HUNTER×HUNTER』は本当にいろんな意味でどきどきさせてくれる作品だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする